2008年06月10日

EMERSON COMMANDER BT

続けてナイフの紹介です。
本当はこっちの方が長く愛用しているのですが、あまりに普通で面白みがなくて…
逆にいえば、それだけ堅実なナイフといえます。

一時期タクティカル?ナイフとして祭り上げられ、「最強のフォルダー」とかいう意味不明な
キャッチフレーズまでいただいたナイフ、エマーソンのコマンダーです。



まっすぐに下りたドロップポイントの形状、リカーブを描いたエッジ、G10のハンドル、
逆手、順手どちらでも扱いやすいグリップ、ライナーロックと近代ナイフの要素はひととおり
取り込んであります。
まさにスタンダードなナイフといえるでしょう。
それにくわえて左右の刃付けの角度が違う、チタンライナーで軽量、Waveフィーチャー
などの工夫が施されています。

Waveフィーチャーはエマーソン独自の機能で、エマーソンナイフの外観上の特徴にも
なっています。



ポイントに向かって覆いかぶさる波のような形状のこの突起、これはナイフをポケットに
入れているばあい、ポケットから出すときにこの部分をズボンの縁に」引っ掛けることに
より刃が起こされロックされる、というものです。
タクティカルナイフとしては、シースナイフに比べフォルダーの場合取り出した後に刃を
起こさなくてはならないという欠点がありますが、これはその欠点を補いワンアクション
で使用できる状態になるため、不利を減らすことができるはずです。
ただし、キャンプや家での実際の使用において役に立つことは余りありません。。
また、なれないと自分の服や手を切ることにもなりそうです・・・

アクションに関してはスムースですが、これまでコロンビアリバーのHAWK D.O.Gや
ライアンモデルセブンになじんでいるとやや滑らかさに欠けると感じました。
ブレードのがたつきがなくなるように調整する際、固定ねじを締めすぎると動きが悪く
なります。
もっとも、コロンビアリバーのフォルダーはその値段からは想像もできないほど滑らか
に動く癖にブレードががたつかないので、そっちのほうが変なのかもしれませんが(笑)



とかく某ストライダーなんかとまとめて「アレ」なナイフ扱いされやすいナイフですが、
その実際は基本に忠実で堅牢、扱いやすいよいナイフであると思います。
ただ、ちょっとでかいので、ミニコマンダーのほうでもいいかもしれませんね。









同じカテゴリー(ナイフ)の記事画像
Ocean Master Server ZT-350
ランドール M1
Chris Reeve 「Warrior」
STRIDER EB-LS(CQB)
ONTARIO RTAK
同じカテゴリー(ナイフ)の記事
 Ocean Master Server ZT-350 (2008-06-09 13:11)
 ランドール M1 "オールパーパスファイティング"ナイフ (2008-04-15 04:54)
 Chris Reeve 「Warrior」 (2008-02-03 21:43)
 STRIDER EB-LS(CQB) (2007-04-17 01:26)
 ONTARIO RTAK (2007-04-13 01:04)

Posted by CAYENNE  at 13:10 │Comments(3)ナイフ

この記事へのコメント
秋葉原の事件の後ですし、実用品としての紹介というのは理解できますが、誰でも閲覧できる場所で公開するのは、この趣味の今後の為にも自粛した方がよろしいのではないでしょうか?。
Posted by 生意気ですが at 2008年06月10日 22:09
生意気だなんて、とんでもありません。
ご意見ありがとうございます。

おっしゃりたいことはわかりますが、それもまた話が違うと思うのです。
ご心配いただいたことは大変ありがたく思います。

ここでの紹介では通り魔に向いているかとか人の殺し方などには一切ふれて
おりませんし、関連性はないと考えます。
今回のような事件の犯人がこういったサイトを参考にしているとは思えません
し、ああいう犯行を行う人物はナイフが手に入らなければ包丁を使うでしょう。
ナイフがなければ今回の犯罪が起こらなかった、ということは考えにくいでし
ょう。
道具は人を殺せません。殺すのは人間です。
どうしてもというなら人間をシャットアウトするしかありません。


公開というのはだれでも閲覧できる場所でなければなりませんし、非公開に
するならブログにする意味もありません。
ここは自殺や殺人だ傷害だ暴力のといった内容とは一切無関係ですし、この
記事自体数ヶ月前から出来上がっていたものです。
そしてナイフの蒐集(というほど集めていませんが)というのはかなり昔から
続く伝統的な趣味でもあります。

もちろん状況にもよりますがこちらでは、そういった外的な要因で公開内容を
変更したり、というようなことは考えていません。
もしもどうしてもそれが気になるという方には「見ない」、という選択肢をお勧め
します。
このサイトは、見ることを強要することは一切ありませんので…


また、申し上げるならば、「目立つ事件があったから自重する」ということ自体
に疑問を感じるのです。
目立たない事件はどうでもいいということにつながらないでしょうか。

残念ながら今日もどこかで、おそらく間違いなくナイフや銃で人が殺されてい
ます。

事件に対し自重するというのならば、今後自重しなくてよい日はやってこないかもしれません。
Posted by CAYENNECAYENNE at 2008年06月10日 23:50
まったくだ。
俺はエマーソンが事件に使われたなんて聞いたこともないぜ!
Posted by しょう at 2011年04月23日 18:15
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。