スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年05月08日

BHI CQCカスタムウェポンライト対応ホルスター

フラックホークの優れものホルスタ、CQC SEPRAホルスタをカスタムしてみました。



CQCホルスタは抜きやすく脱落しずらいホルスタでサバイバルゲーマーにも人気の
ホルスターです。
店にもよりますが6~7千円前後と価格もそれなりで、扱いやすいホルスタといえます。
カーボンファイバー含有の樹脂を使用し、強度と熱への耐性を持たせ環境を問わず
使用できるところも特徴の一つです
なお、これはグロック17、22用で、KJのG32Cがベストフィット、KSCベースのG22は
奥まで入れるとややきつめです。
また、P99c、ジェリコ941なども収納可能でした。

標準はベルトループかパドルタイプにするかを選択するようになっています。
私はパドルタイプがしっかり固定されて好きなのですが、フォーブスのものと
比べると取り外しが利くようになっている分野やホールドが甘い気もします。

今回、このループ部分をブレードテックの「TEK-LOK」に変えてみました。
ベルトで抑え込む面積が減る分パドルよりさらにホールドは甘くなりますが、
パドルタイプ以上に着脱が簡単で、またベルトをいちいちフックに引っかけなく
ても銃がホルスタごと抜けてしまうことはありません。
ホールド感もベルト幅調整をしきつめにベルトをしべればだいぶ良くなるので
コンバットシューティングなどにはとても使い勝手が良くなります。
取り付けはボルトオン。いっさい何のかもうも必要ありません。
また、取り付ける向きによってバックサイドホルスタとしても使用できるように
なります。
テックロック自体コンパクトなので、全体的にコンパクトになったように見えます。
テックロックは1500円ほどで購入可能です。
ループの壊れたポーチやループ部分が緩すぎて使いずらいポーチのループ
代わりに固定すれば使い勝手が向上します。
TMPやMP7本体に直接取り付け固定する、とかも面白いですね。

もうひとつ、今回はホルスタに20mmのレールをつけてみました。
ライトを装着したまま収納できるホルスタもありますが、常にライトをつけている
わけでもなく、またライトだけ使用したいときは不便だったりします。
かといって腰回りにM3用ホルスタなどをつければベルトがにぎやかになりすぎ
たり、また装備によっては取り付けにくいこともあります。



今回ホルスタ側にレイルを装着したことでライトのみ使用、銃のみ使用という
切り替えが容易になりました。
また、20mmレイル対応のライトであれば1種類に限定されることなくいろいろな
ライトに対応。ライト以外の使い道もあるでしょう。

フォーブスのホルスタだったかでやはりホルスタがあったことを思い出し、その
コンセプトを真似てみました。
ホルスタ自体がプラなのでプラリペアやタフロンで十分な強度を持って固定可能
です。
レール部分は以前レーザーの部品取りに入手した怪しい中華銃のレイルを流用
しています。
多少きついライトを着脱しても取れることはありません。
ITIのM2とXMLで試しましたが、スリップオンで固定可能、脱落はありません。
はずすときは銃から外すのと同じ要領でワンタッチです。

装備重量軽減のためメインアームとライトを共用する、といった状況でも
素早く対応可能です。


  


Posted by CAYENNE  at 21:40Comments(2)装備品

2008年05月02日

WA M4 CQBR なれの果て その3

WA M4がまた少し変化しました。



ようやくMIADグリップを発掘、装着しました(笑)
長軸の6角ドライバがなかったの、でねじを外すのにやや手間取りましたが基本的には
ボルトオンです。
今回グリップを外し始めてフレーム側のグリップ取り付け部分が見えましたが、見るからに
弱そうで強度に不安が…
まあ、取り付けてしまえば特にがたつきもなくしっかりしたものなんですが。
ちなみに、ミドルサイズのバックストラップはCQDタイプのスリングアダプタと干渉してしま
うため、ほんの少しだけ加工して取り付けています。

そしてフロントサイト交換です。
実はノーマルの3角サイトって結構好きなんですよねえ。
味があるというか、M16、M4らしさのポイントのようでCQBRやそのほかの派手なカスタム
を施してあるあM4でもフロントサイトがノーマルだとほっとするような感じがあります(笑)

今回は軽量コンパクトを最優先とするためあえて折り畳み式のものに変更しました。
もっとも、重量に関しては樹脂製のノーマル品が一番軽いのですが。
スタイルはPRIタイプを選択しました。だいぶ前からあり、もっと新しくコンパクトなものも多く
出ていますが、一番シンプルな外見と、「見慣れた安心感」が決め手になりました。
G&Pのレプリカで、リアル刻印です。
またガスブロックとなる土台部分はスチール、サイト部分はアルミと素材が使い分けられて
おり、凝った作りになっています。

取り付けはポン付け…とはいきませんでした。
まず、バレルに固定するピンを通す穴とばれる側の切り欠きの位置が合いませんでした。
幸いというか、このサイトは固定方法が左右から芋ねじで固定するタイプなのでなんとか装着
できました。
基本的に前側の溝を合わせてやればOKです。
まっすぐに取り付ける必要があるため、前側だけWA純正のフロントサイト固定ピンを使用し
後ろはサイト付属の芋ねじで固定しました。
もう一つの問題はガスパイプです。
ガスパイプの太さがまるで違います。WAのほうが太いのですがどちらがリアルなのか…
鉄のサイトをがりがり削り穴を広げましたが、使用していたビクトリノックスの錐が折れてしまい、
他に有力な工具もなかったため作業を断念、少しだけ入るようになっていたので、パイプ側を
若干カットすることで合わせました。
取り付けてしまえばぐらつきもなくしっかりと固定されています。
おそらく、のちに発売されるであろうG&Pのフロントキットを使用すればこんな苦労はないので
しょう。

残る交換対象のパーツは、コッキングハンドルのラッチとハンドガードです。
ハンドガードはク○高いので、タクティカルラッチから導入しようかと考えています。
また、SUREFIREやGG&G、ダニエルなどのレイルだとアンダーレイルの部分だけ外せない
ためHOP調整のための対策を行わなくてはならないというハードルがあります。
あとはせっかくフレームが樹脂なので、時間と気力があれば「VLTOR風に加工する」とかも
やってみたいですね。

付属品に関しては今回はさらにシンプルにまとめてみました。
レーザーも外しM900型グリップとEOの551A65のみです。
EOの代わりにCOMP M2、リアサイトにキャリングハンドルを切った切ったものを使えばなじみ
深いCQBスタイルですね。



  


Posted by CAYENNE  at 22:15Comments(7)カスタム・チューン