スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2007年06月04日

SAKO M60E3 Custom by TOP

我が家のもう一台のマシンガン。
圧倒的な火力を誇る電動マシンガンの紹介です。

TOP製 M60E3ショーティです。


レイルハンドガード、大型ガスチューブエンドが装備されています。

M60は米軍で採用されたLMG(ライトマシンガン)で、ベトナム戦争など多くの戦闘で活躍
しました。
第2次大戦後、MG42の影響を受け汎用機関銃(GPMG ゼネラルパーパスマシンガン)が
多く設計されましたが、M60もそのひとつで手で持って撃つ、2脚を起こして固定する、3脚
に固定するなど使用方法によりさまざまなシチュエーションに対応できる特徴を持ちます。

M60E3は、問題点を多々残しつつも使い続けられたM60を生産しているサコー社が改良
したモデルです。
私は軍用中に関してそれほど知らないのでサコーといえば75、85などフィンランドの高精度
ボルトアクションライフルのイメージがあるのですが、こういった軍用銃も生産しているようです。


TOPのM60といえば蛇腹ピストンがすぐ破ける、すぐ壊れるとの悪評の高いモデルでもあり
ますが、このE3は信頼性の高い東京マルイ製バージョン2メカボックスに換装してあります。
それによりマガジンおよびバッテリが外装になりトリガー連動式3,000連発電動給弾マガジン
にバッテリを内蔵し、ロンドンブリッジ製アモケースに収めて装着する方式です。
写真は銃がわ給弾口付近です。
この給弾口をマガジンにねじ止めして使用します。


ダミーカートでボックス上部を隠すと見た目も非常によくなります。
動作は快調で回転もさすがに速いです。
長距離の弾道性能は見ていませんが、おそらく安定しているものと思われます。
ちなみに、某ショップカスタムと違いきちんと銃口から弾が発射されます。

元のE3ショーティが軽いこともありますが、AR15よりむしろ軽いです(笑)
リアサイトがプラであったり安っぽいところもありますが、全体的には雰囲気のよい銃です。

しかし、7.92mm、7.62mmと口径が落ちてくると、次はMINIMIあたりがほしくなってきます。
できればブローバックで…


  


Posted by CAYENNE  at 22:12Comments(0)マシンガン

2007年06月03日

FAL TacticalCarbine byKingArms

画像を撮影していた携帯のマイクロSDが壊れてしまい、写真データが大分飛んでしまいました・・・

キングアームズ製FALタクティカルカービンです
マルイ互換のメカボックスを持つコンプリートガンで、国内規制対応版です。
また、SIG552をベースにするコンバージョンキットも出ています。


アッパーフレーム、ロアフレーム、バレル周りすべてアルミ製です。
金属の質感はありますが、AR15とはまた違った感じで、むしろ硬質の樹脂っぽい感じも
します。
本体表面の形状は大半がモールドであるためやや上質感には欠けます。

メカボックスは金属製。強度は十分ありそうです。
モーターはラベルなしの光沢ボディのモーターが搭載されています。
EG700クラスのサイズでしょうか。
能力的には電動ですので特記するほどのものはなく安定した高性能というところです。

FALはベルギーのFN社(Fabrique Nationale de Herstal)の開発した大口径ライフル
です。
ティルトボルト式ディレードブローバックを採用していますが、7.62mmNATOのリコイルは
大きく、フルオートでのコントロールが非常に難しい銃でした。
そのため、腰だめにして脇で挟んで固定するなどの使用方法をとることも多々あったようで
フルオート時の命中率の低さはそういった状況にもよるようです。
いちばんスマートなのはセミオートのみで使用することでしたが、これは東欧圏に対して
アサルトライフルの進化において大きく後れを取る原因でもありました。

KingArmsの製品は英国L1A1やFN-FALではなく近代のDSA製SA-58やドイツG1タイプ
のモデルアップのようで、これは賛否両論あるかもしれません。
ただ、このカービンタイプは物干しざおのようなFALとはまた違った趣があって結構好みです。
Rainbow six RockdownでSA58にレイルマウント付アッパー、RASを装着したものが
登場します。
アッパーもRASも純正で出ているので再現できますが、RASのほうは高価でなかなか手
が出ません。

FALそのものは大口径のライフルのため、個人的にはサファリ銃的なイメージがあります。
映画「コンゴ」でも探検チームのメンバーがFALを持っていて非常にそれっぽかったと記憶
しています。

使用感としてはまずストックの長さがきになります。
ストックだけフルサイズのままなのかバットプレートからグリップまで非常に距離があり、
クレーンストックをいっぱいに伸ばしたAR15よりもさらにバットプレートからグリップまでの
距離が長いです。
小柄な人や、室内でコンパクトに構えたいときには構えづらいかもしれません。

また、そのストックのおかげで銃身長の割に銃全体のながさが長くなっています。

ただし、重量に関しては軽量で扱いやすいレベルです。

リアサイトのクリックがいまいち効いていなかったりとまあまあなところもありますが、総じて
昔のマルイのレベルくらいには仕上がっており、満足のいくものになっています。

BGM:



  


Posted by CAYENNE  at 18:33Comments(0)ライフル