スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2007年11月25日

U.S. M1014 by Yuji gun factory

U.S. M1014コンバットショットガンです。
クラフトアップルの意欲作、エアコッキングガンのM1014をベースにゆーじガンファクトリーが
マルゼンM1100のユニットを組み込みカート式ガスブローバックに改造したものです。


実銃は、米軍が1998年にセミオート式ショットガン導入を決め関連各社に通達、それにベネリ
が応じる形で開発した、セミオートマチックショットガンです。
1999に完成したベネリM4Super90は、見事正式採用となりました。
そのときに与えられた番号がM1014です。
現在は主に米海兵隊が運用しているほか、アイルランド軍特殊部隊も採用しているようです。
同社の従来の反動利用式から圧力自動調整機能付きガス圧利用式にあらため、作動性を
向上させているとのことです。
ポンプアクションのできないセミオートショットガンが軍用に採用されて使われるというのは、
ショットガンの歴史上画期的なことではないでしょうか。



さて、このM1014ですが、正直剛性感はありません。
CAW純正のものは、よほどインナーフレームが頑丈なのでしょう。
そのインナーがそっくり入っていないので、どうしてもその分は弱くなってしまいます。
とはいえ、中身のマルゼンユニットも亜鉛ダイキャスト製、マガジンチューブも金属なので
実用に耐えないほどもろいということはありません。
グリップおよびトリガーガードの取り付けに無理があるのか、グリップ固定ねじが少しでも緩む
とグリップが左右にずれてしまいますし、トリガーガートは外のフレームにはさまれているだけ
なので、簡単に取れたりずれたりしてしまいます。
グリップ固定ねじさえしっかり締め、緩まないようにすればそのあたりはだいぶ改善できます。



作動、性能はそのままマルゼンのM1100です。トリガーは相変わらず硬いですが、気持ちの
いいブローバックとともにシェルが飛んでいくのはオートショットガンのみの快感です。
塗装はかなりグレーっぽいパーカー色で、好みの分かれれるところでしょう。
私としては、塩水でもさびなさそうで(笑)結構気に入っています。



同氏製作のブローバックSPAS12も持っていましたが、できは確実によくなっています。
本音を言うとベネリM3もほしいのですが、当分はそんな予算は出ないでしょう。

本来のM1014はコッキングではありません。多少見た目のリアリティが失われても、操作性
のリアリティにこだわる人には必須の1挺といえます。  


Posted by CAYENNE  at 20:22Comments(2)ショットガン

2007年04月29日

Mossberg M500 byMarushin

ようやく落ち着いて更新ができる…
今回は久しぶりのショットガンの紹介です。


マルシンのガスショットガン、モスバーグM500です。
ケースレス式、3発発射のショットガンです。

ケース式のマルゼンM870などと比べると、ケースレスのためアクションは物足りたいもの
がありますが、主要部分が金属製のためポンプ時の作動音は素晴らしいです。


デフォルトのパワーは物足りないものがありますが、ハンマースプリングをちと引っ張って
伸ばすだけでインドアでは十分な飛距離が出るようになります。

マガジンチューブ内に3本のパイプが入っており。各50発、計150発の装弾数があります。
50回発射で弾切れになると球の補充がやや面倒であるため、広いフィールドや大人数の
ゲーム、激しい銃撃戦などになるとやや不安が残ります。

金属製の外装で見栄えがするので飾り物としても悪くない逸品です。
ただし、その重量のため価値で走り回るのは結構疲れます。
ただし、ガス式でコッキングが軽いので非力な人にも簡単に扱えるメリットがあります。

実銃はレミントンM870、イサカM37などと並ぶメジャーなポンプアクション式の
ショットガンで、警察、軍などで使用されていることも多いようです。
マルゼンとの比較になりますが、グリップ部分の幅がレミントンM870よ幅が広いようで
ややがっしりとした感じです。
セイフティはクロスボルト式のM870に対して、モスバーグはフレーム上部にスライド
スイッチ式のものが付いています。
指先での操作となればM870のほうがやりやすいのですが、ライフルストック型である
ため親指での操作が可能、構えたときにセレクタが見えるので即安全、激発の確認が
出来るというメリットもあります。


モデルガン的操作の楽しみにはやや欠けますが、ゲームで使う、飾っておく用途には
とても良いものだと思います。


BGM:Bette Midler「The Rose」  


Posted by CAYENNE  at 21:39Comments(0)ショットガン

2007年04月15日

ダブルバレルショットガン(マッドマックス) byHUDSON

今回はショットガンの紹介です。

私はもともとショットガンを愛用しており、一部では私=ガバメントとショットガンという認識もあった
ほどでした(笑)

ショットガンナーのショットガン紹介の1発目としてはどうか、と思うほどの色物機種、ハドソンの
ダブルバレルショットガンです。

ハドソンでは、バレルとストックを切り詰めたマッドマックス、ミドルサイズのバレルとフルサイズ
のストックを装備したダブルバレルショットガンの2種をラインナップしていますが、これはその
中間のようなものです。

オークションでジャンク(インナーバレル周りがない)ということで格安で入手したのですが、
凝ったエングレービングが施されており、悪い感じがぷんぷんです。
かなりあれな感じのマンガやアニメに出てきてもおかしくはないような趣があります。

現在インナーバレルがないため実射性能は皆無ですが、マルイ電動のHOPバレルとタナカの
ガスカートリッジでCQBで充分な戦力になるくらいの性能は出したいな、と考えています。

中折れ式散弾銃のブレイクオープン姿には妙に色気を感じます。
万が一タナカがブローニングの垂直2連ショットガンをラインナップしたらそのままで使用するの
とソウドオフ用とに2挺は買ってしまうことでしょう。  


Posted by CAYENNE  at 13:26Comments(4)ショットガン