スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年06月10日

EMERSON COMMANDER BT

続けてナイフの紹介です。
本当はこっちの方が長く愛用しているのですが、あまりに普通で面白みがなくて…
逆にいえば、それだけ堅実なナイフといえます。

一時期タクティカル?ナイフとして祭り上げられ、「最強のフォルダー」とかいう意味不明な
キャッチフレーズまでいただいたナイフ、エマーソンのコマンダーです。



まっすぐに下りたドロップポイントの形状、リカーブを描いたエッジ、G10のハンドル、
逆手、順手どちらでも扱いやすいグリップ、ライナーロックと近代ナイフの要素はひととおり
取り込んであります。
まさにスタンダードなナイフといえるでしょう。
それにくわえて左右の刃付けの角度が違う、チタンライナーで軽量、Waveフィーチャー
などの工夫が施されています。

Waveフィーチャーはエマーソン独自の機能で、エマーソンナイフの外観上の特徴にも
なっています。



ポイントに向かって覆いかぶさる波のような形状のこの突起、これはナイフをポケットに
入れているばあい、ポケットから出すときにこの部分をズボンの縁に」引っ掛けることに
より刃が起こされロックされる、というものです。
タクティカルナイフとしては、シースナイフに比べフォルダーの場合取り出した後に刃を
起こさなくてはならないという欠点がありますが、これはその欠点を補いワンアクション
で使用できる状態になるため、不利を減らすことができるはずです。
ただし、キャンプや家での実際の使用において役に立つことは余りありません。。
また、なれないと自分の服や手を切ることにもなりそうです・・・

アクションに関してはスムースですが、これまでコロンビアリバーのHAWK D.O.Gや
ライアンモデルセブンになじんでいるとやや滑らかさに欠けると感じました。
ブレードのがたつきがなくなるように調整する際、固定ねじを締めすぎると動きが悪く
なります。
もっとも、コロンビアリバーのフォルダーはその値段からは想像もできないほど滑らか
に動く癖にブレードががたつかないので、そっちのほうが変なのかもしれませんが(笑)



とかく某ストライダーなんかとまとめて「アレ」なナイフ扱いされやすいナイフですが、
その実際は基本に忠実で堅牢、扱いやすいよいナイフであると思います。
ただ、ちょっとでかいので、ミニコマンダーのほうでもいいかもしれませんね。




  


Posted by CAYENNE  at 13:10Comments(3)ナイフ

2008年06月09日

Ocean Master Server ZT-350

今回は折りたたみナイフの紹介です。

オーシャンマスターのフォルダー、ZT-350です。




パッと見、普通のハーフセレーションのフォルダですが、セレーションつきナイフがあまり
好みではない私が持っている最大の理由、それは素材です。

このナイフはブレードがベータチタンで作られています。
ベータチタンは従来のチタン合金に比べ硬度も強度も増した合金で、戦闘機のボディ素材
にも使われている素材です。

…というと、ものすごく堅いすごいナイフと思われる方もいらっしゃるでしょう!
私もかつてそうでしたが…



オーシャンマスターの使用するベータチタンの硬度は、HRC53から54程度と、並みの440C以下
クラスです。(ちなみに普通のチタンはもっともっと柔らかいです。)
では、なぜチタンなのか。

まず第一のポイントは耐腐食性です。
オーシャンマスターはダイビング用品メーカーで、同社のシースタイプのダイバーナイフは
米海軍特殊部隊SEALSに採用された実績もあります。
海はご存じのように塩水で、鉄は空気中よりかなり早く酸化しさびが発生します。
そのため素材としては従来からステンレス鋼が使用されていたのですが、ステンレスはあく
まで錆び難い素材であり錆びない素材ではりません。
また、ステンレスの耐錆性は表面の処理によるもので、刃物は当然研ぎあげて刃がついてい
ますのでその部分には耐腐食性はあまり望めなくなります。

私もあんまり詳しくはないのですが…
通常、金属は酸素と結びつく(酸化する)ともろくなり、表面から劣化しボロボロになって
いくことになります。
このため、さびやすい炭素鋼などは塩水につけるのを避ける必要があるのです。

頑強でさびない金属、というのは基本的に存在しないんではないでしょうか。
金は柔らかすぎますし、ナイフ鋼材ではCROMO7という鋼材が非常にさびに強いですが、
酸化しないというわけではありません。

そこで持ち出されたのがチタンです。
では、チタンはさびないのかといえばそんなことはなく、チタンも当然酸化します。
しかし酸化した時の状態が通常の金属と異なるのです。
チタンは酸化するほど皮膜が強くなり、酸素をほとんど通さなくなります。
そのためそれ以上の酸化が進まなくなり、状態がほぼ変化しなくなります。
これこそが「チタンはさびない」という伝説?の正体なのです。
ちなみに、と依願でなじみの深い「ブルーイング」「黒染め」も同じような方向性でした。

…とわかったような事を書いていますが、ほとんど詳しいとから聞いた話です(笑)
また、磁力をほとんど帯びず電気も通しにくいことから、電工ナイフに使用されることも
あるようです。
SEALSの用途でいえば爆発物処理などに役立つ、ということでしょうか。
(もっともふつうは専用の解体キットを使うと思いますが)

第2のポイント、
チタンは非常に耐摩擦性が高く、また剛性が高いようです。
同じ硬度のステンレスより刃が減りにくく、折れたりかけたりしにくいということですね。

第3のポイントはその軽さです。
ゆえに振り回すチョッパーのようなナイフには向きませんが、ほかの装備が重くなりがち
なダイバーや、携帯用のフォルダーとするには優秀な特性といえます。
たとえば、愛用のエマーソンコマンダーですが、チタンライナーとG10ハンドルで軽量です
がそれでも139gの重量があります。それに対しほぼ同サイズのZT-350はわずが85gです。
3分の2程度の重さしがありません。普段使いには軽いが良いのは当然でしょう。
ロックバック式で金属ライナーを必要としない点も軽量なポイントですね。



実際、握り心地や切れ味など、やはりコマンダーには及ばない点もありますが価格も高価では
なくコストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

やや大柄ですが、メンテナンスフリーの普段使いナイフとしても、磯やボートなどでのレジャー
用にも、ダイビングの補助用としても重宝すると思います。

  


Posted by CAYENNE  at 13:11Comments(0)ナイフ

2008年04月15日

ランドール M1 "オールパーパスファイティング"ナイフ

ランドールメイドのファティングナイフ、「Model 1 "All-Purpose Fighting Knife」です。



M5、M16、M18などと並ぶ同社の代表的ナイフです。
日ごろのケアが欠かせませんが、O-1ツールスチール(工具鋼)のブレードの切れ味は逸品です。

近年の重い、厚い、ごついタクティカルナイフとは一線を画し、薄く、スリムで軽量なナイフです。
このモデルは7インチのブレードですが、6インチのクリス・リーブ「ウォリアー」と比べてもさほど
変わらないイメージです。
鋼材の厚みなどで強度を出すのではなく、その製造段階、つくり自体で耐久性を高める方向性
で製作されています。



大まかなブレード形状をハンマーでたたきだし、切削して仕上げる鍛造はランドールの伝統的な
工法で、切削のみで仕上げられたナイフに比べ金属粒子間の密度が濃く、かつ均等になるため
耐久性が高くなります(と、いうことらしいです)。

ちなみに、ウォリアーなど一部のナイフが採用しているCPM S30Vは粉末ステンレス鋼です。
粉末鋼を融点よりも低い温度で加熱し固める、いわゆる焼結金属ですが、これは粒子間の
つながりを強くなる性質を利用し耐久性を高めています(と、いうことのようです)。

このナイフは第2次世界大戦でも軍用として使用されており、非常に息の長いものです。
それはいいかえれば造りが古いということで、耐久性の面で最近主流のフルタング構造より
強度的に劣るナロータングとレザーワッシャーハンドルで構成されている、さび防止の表面処理
が行われていないなど、単純にナイフとしての能力でいえば、近代のナイフに勝るものではない
でしょう。
ポイントも実はやや丸目で、代わりにスウェッジに当たる部分にも実際に刃が付けてあり、刺さり
やすくしてあるようです。



実用関してですが、トータルで見て可もなく不可もなく、という感じです。
といっても、戦闘はしませんけどねえ・・・
レザーワッシャーのグリップはどうしても水に弱くなりますが、握り心地は素晴らしいです。
中央の膨らんだラインが手にすっきり馴染みます。
ただ、M1はヒルトが前後に張り出していますが、キャンプ用途ならM5のように前方だけにあった
ほうが親指を使ったコントロールがしやすくなり使いやすいと思います。



革製のシースも出来は良いのですが、使い勝手は可もなく不可もなくです。
ブラックホークやSPEC-OPSあたりの7インチ用エアボーンナイフシースを調達したいところですが、
なかなか売ってません。扱っていても売り切れだったり…。
通常、ナイフにはシースが付属しますから、シースだけ調達する人はあまり多くないのかも。

ナイフは常に進化しており、このころのファイティングナイフに比べ近代のファイティングナイフは
ますます洗練されて来ている、はずなんですが・・・どうも美的感覚からいえばこちらのほうが
ずっと洗練されているようにも思えます。
もっとも、殺しあいに美的感覚は必要ないのでしょうが。
最近はどこのメーカーも(あのガーバーでさえ)似たような「タクティカルチック」なナイフを乱造して
いますから、かえってクラシックなナイフのほうが個性を感じられるかもしれません。



唯一難点としては、やはり7インチはでかいということでしょうか。
シースナイフなんだからある意味仕方ないんですが(笑)
薪割りなどの作業用には斧を購入したので、たいていの場合はこいつを引っ張り出すまでもなく、
細かい作業ならシルバーナイト、やや粗い作業でもコマンダーで用が足りてしまいます。

M1は古き良きオールドアメリカンを感じるためのツールであるといえるかもしれません。


  


Posted by CAYENNE  at 04:54Comments(3)ナイフ

2008年02月03日

Chris Reeve 「Warrior」

米国の名門メーカー、クリス・リーヴのシースナイフ、ニール・ロバーツウォリアーナイフです。



クリス・リーヴはもともと南アフリカ共和国の出身で、非常に高品質なナイフを販売し、高い
評価を得ていました。
その後米国に移住、2001年から2004年までBlade Awardsを受賞するなど、マスプロ
メーカーとしては最高レベルの品質を実現しています。
強固なカルガードコーティング、仕上げのよさ、箱出しで十二分に鋭利なブレードなど、
セミカスタムナイフと呼ぶにふさわしいものです。

クリス・リーブの名声を確立したナイフと言えば、いわゆるワンピースグリップナイフでしょう。
一本の鍛造A2工具鋼から削りだした、グリップまで通して一体のナイフはフルタングと同等
以上の強度をもち、またグリップ内部を空洞にすることにより重量の低減を図りつつ内部に
簡単なサバイバルツールを収納できるようになっています。
いわゆるサバイバルナイフですが、ほかのあまねくサバイバルナイフのすべてが悩まされる
強度、耐久性の問題に悩まされることのない唯一のサバイバルナイフと言えるでしょう。

また、高い技術を駆使して鍛造A2工具鋼やCPM-S30V(粉末ステンレス鋼)など、実用
硬度がHRC60を超えるような素材を使用しながら、実際はHRC57から58に抑えています。
これによりフィールドでの不慮の刃欠けや研ぎ直しが必要な事態になっても道具を選ばず
メンテナンスすることができます。
このあたりも、過酷な状況下での実用性を最優先したこだわりを見て取ることができます。
なお、現在ではフォールディングナイフの「セベンツァ」「ムナンディ」なども非常に高い
評価を受けています。
ちなみに、クリス・リーヴのナイフには「ンコンカ」「ウムファン」など、ズールー語の名前が
つけられたものが多いのも特徴です。
ズールー語は南アフリカのズールー族の言語で、アパルトヘイトが終わった現在、同国の
公用語のひとつとされています。。



今回紹介するナイフは、グリーンベレーの訓練課程修了時に支給される「ヤーボロー」と
いう名のナイフの民間向け「グリーンベレー」ナイフと系統と同じくするシースナイフです。
オーソドックスなフルタングのグリップ、ドロップポイント、リカーブエッジの美しいナイフで、
名デザイナー、ウイリアム・ハーシー氏のデザインです。
また、やや変わったプロフィールを持っています。

その名に付けられた「ニール・ロバーツ」という人名。
これは2002年のアフガニスタンでのおこなわれた「アナコンダ作戦」において戦死した、
海軍特殊部隊シールズの隊員であるニール・C・ロバーツ(Neil C. Roberts)一等兵曹
を指しています。
このモデルはロバーツ一等兵曹を記念し製作されたもので、、ナイフの代金のうち20ドル
がロバーツ一等兵曹の残された息子であるネイサン氏の学費支援を行っているNFCU
(Navy Federal Credit Union:海軍信用組合) に寄付されています。



ナイフとしては非常にスタンダードなものです。
リカーブエッジが最近のタクティカルのトレンドを表しているかもしれません。
グリップはリネンマイカルタで柔らかいカーブを描くよう製作されており、材質とあいまって
ぬれた手で握っても吸いつくように手にフィットします。
鋼材部分も縁を丁寧に丸めてあり、非常に握りやすいものに仕上がっています。
箱出しでのブレードの仕上がりも素晴らしく、慣れないうちは箱出しよりシャープに研ぐのも
難しいと感じるほどです。
重量のバランスもすぐれており、力を入れてふるうような作業も、手元で行う細かい作業も
違和感なく行うことができます。



ブレードの厚みは5.6mm。やや厚めですが、ブレードの付け具合の問題か、それほど
使いにくさは感じませんでした。
ブレード刻印のうち、BUD/SはBasic Underwater Demolition/SEAL(基礎水中爆破訓練)
の略でネイビーシールズ(SEALs)の選抜訓練過程のことを示します。
Class184は、ロバーツ氏が在籍したクラスを示しています。


シースはSPEC-OPS社製のナイロンシースが付属します。



カイデックスインナー付きで丈夫でしっかり安全にナイフを収納できます。
機能的なシースで、携帯も楽です。
また外側のポケットにはハンドガンのマガジンやツールナイフ、砥石などが収まります。

これ以前、私は同社のシャドウ4を愛用していましたが、ドロップポイントのデザインなどが
よく似ており愛着を感じやすいと思います。
また、使い勝手はさすがにワンピースグリップよりも上であるといえます。

グリーンベレーとちがい、ブレードにセレーションがないのが私の好みにぴったりでした。

6インチクラスの量産品のシースナイフとしてはガーバーのシルバートライデントなどが
あります。比べても決して安いとは言い難いものですが、製品のクオリティ、所有する、
または使用する喜びにはそれ以上の価値があるナイフであると思います。  


Posted by CAYENNE  at 21:43Comments(1)ナイフ

2007年04月17日

STRIDER EB-LS(CQB)

今回は愛用のナイフの紹介です。
愛用といってもシースナイフで携帯性はよくないので「そういうところへ出かけるときの」、
ということですが。


一時良くも悪くも日本ミリタリーマニアを席巻したストライダーのナイフです。
ストライダーCQBと呼ばれるEBモデルのスピアポイント、ロングタイプです。

ストライダーといえば戦場ではいざ知らずこと日常のアウトドアフィールドでの実用性に
かけるナイフが多いのですが、MFS(マイファーストストライダー)やこのEBスピアポイント
のシリーズなどは案外使えます。

ブレードの質、防錆など表面処理、最終仕上げなどはひどいものです。中国製の安い
ナイフのほうがまだきれいでしょう。
つかいがってももっと安価なコロンビアリバーのナイフなどではるかに使いやすいものが
たくさんあります。
コレクションなどでナイフそのものを愛好する人には見向きもされなくてもしかたがない
といえるでしょう。

私ももともとストライダーのナイフは興味ありませんでしたし、こんなものに10万単位の
お金を出す気にはなれませんでした。
だってねえ、普段暮らしてて車のフロントガラスを切り裂く必要はありませんし。

しかし、ひょんなことから写真のモデルの旧型、ホローグラインドのころのEB-SSを
手に入れたことがありました、SSはショート、スピアポイントで写真のものよりやや
小柄でした。
ごく一般的なドロップポイントのナイフで、刃が厚すぎて切ったにんじんの切片が
飛んでいくことを除けばイメージより使いやすいナイフでした。
何より、もともとよくない表面処理、異様に厚いブレード、とにかく高い硬度のおかげで
手入れは面倒なものの破損を気にせずがんがん使えるというのが大きなメリットでした。

廃車のフロントガラスを切ってみたり鉄板をついてみたりもしました。
キャンプやバーベキューでもがんがん使いましたが、結局大きな破損はありませんでした。

ほかのナイフを買うため手放したときはまだストライダーブームのさなか、品薄のころだった
のでそんなナイフも3万円ほどで処分できたのです。

時は過ぎ、異様なブームも異常な価格設定もなくなり、ストライダーがごく普通のナイフの
ひとつになったころ、ふと手放したナイフのことを思い出しました。
あんなふうに何にも気にせず使えるナイフというのもいいものだな、と。
そのときはコロンビアリバーのフォルダーとクリス・リーブのシャドウ4を主に使っており、
充分酷使していたのですが、あの異様な厚みから来る存在感が懐かしくなってしまいました。

今回手にしたのは以前のものよりやや長めのロングモデル。
値段も前のを手放したときとほぼ変わらぬ参萬円と、普通の価格で購入できました。
携帯性も使いやすさもショートのほうがよかったかもしれません。
ロングといってもブレードの長さはほぼ同じでハンドルの部分が長くなり、持ち方の幅が
広がっています。なるほど、CQBというなら確かにこっちのほうがいいのかも。


刃付けの処理は以前より幾分よくなっています。ただし、表面処理のほうはやはりよいとは
言えません。
タイガーストライプの模様以外に染みがあったり、せっかくのステンレス(ATS-34)なのに
さび止め効果が出ていなかったり。
硬度はHRC60から61程度とのことで、研ぎにくいです。
メンテナンスまで含めて実用的なのは58程度ですかね。

1枚目の写真のシースは、著名なカスタムナイフビルダーによるワンオフのスペシャル
シースです。ああ、作者の名前忘れた…orz
通常はカイデックスのシースがついていますがこれがまた硬い。

今回のものはきちんとできていますが以前のものはバリでまくりでナイフの表面処理を
がりがり削り落としていました(笑)。
また、ベルトの固定方法は最近ホルスタでも多くなったTEK-LOKで、この使いやすさは
秀逸でした。当時もホルスタに使えないかと思ったこともありました。
TEK-LOK自体は単体で980円もあれば買えるので、ベルト通し式のポーチなどを改造
してTEK-LOKにすれば使い勝手は向上するでしょう。

とにかくあらが多く、品質から見てもファクトリーナイフとしては非常に高いのですが、
がんがん使える→使用時間、回数が増える→メンテの機会も多い→また使用する
というサイクルのためか、妙に愛着のあるナイフです。
ダイヤモンドシャープナーの一般化でメンテもだいぶ楽になったので、いざ家から一本
持ち出すというならこれでもいいかもしれません。


  


Posted by CAYENNE  at 01:26Comments(0)ナイフ

2007年04月13日

ONTARIO RTAK

私が愛用しているブッシュナイフ、オンタリオRTAKです

RTAKとは「Randall's Training & Adventure Knife 」の略で、ジャングル内での使用に適したナイフとして企画されたナイフです。
Randall's Training & Adventure http://www.jungletraining.com/ は熱帯地域での活動やジャングルでのサバイバル訓練、もしくはそういった地域での活動支援を目的とした組織です。
HPの写真を見るとゲリラか何かにしか見えないところもありますが決してそうではありません(笑)。

密集したブッシュを払い、しとめた獲物をさばき、薪を割り、生き延びる道具を作る。こういったすべての要素が網羅されているナイフ、というのが目標のようです。

現在RTAKは絶版になりRTAK2が販売されています。
もともと1万円程度で手に入る安価でよいナイフだったのですが、絶版の影響で値段が上昇したようです。

長きに渡りプルーフされた信頼のある高炭素鋼1095杯カーボンスチールが採用されており、箱出しの刃付けはやや甘いものの鋭い切れ味を持っています。
ブレード254mm、全長は実に435mmに達しますが、厚みが4mm程度のため軽量です。
そのため鉈としてはやや物足りないところもあります。
細かい作業はシルバーナイトなど刃の薄いフォルダーには及びませんので、万能ともいえますが逆に言えば中途半端ともいえるでしょう。

ミョウガや山菜などを取りに際などにはこれ1本持っていけば事足りるので、個人的には良いナイフだと思います。
日本人にはグリップが厚すぎるかも知れませんが、マイカルタハンドルなので削って調整することも可能です。

ガバメントと写っている写真は、サイズ比較です(笑)。

SPEC
メーカー:オンタリオ
生産国:アメリカ
全長:435mm
刃長:254mm
刃の厚み:約4mm
重量:660g
ナイロン製シース(ポケットつき)付属  


Posted by CAYENNE  at 01:04Comments(0)ナイフ